ポチッと押してね!

「見たよ!」「読んだよ!」のしるしにバナーをポチッと押してください。励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

スポンサーリンク

最新記事

FC2ブログランキング参加中!

こちらもポチッとお願いします!

カテゴリ

いいね!が多い記事

PR PART1

記事内で紹介したさまざまなサービスのPRです。
■ホテルでアフタヌーンティー

■ブランド品買い取りサービス

■名物お取り寄せ

ふわふわ和三盆バーガー
博多から直送、かねふく辛子明太子
⇒北海道の絶品チーズケーキ!
小樽洋菓子舗ルタオ

「服部幸應のお取り寄せ」
オリーブ燻製ハムや焼き豚のお取寄せ通販【オリーブの島のお肉屋さん】
本場静岡「旨み濃厚深蒸し茶」
さぬきうどんの亀城庵

タグで検索!

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

40's.ave

Author:40's.ave
ただいま40代ど真ん中。いろいろな方々と情報交換して、日々楽しく充実した生活を送りたいです。「とれまが人気ブログランキング」など、いくつかのブログランキング参加中です。よろしければ応援してください!

最新コメント

最新トラックバック

提携サービス

RSS

東京のみなさん、ぶらりと思いつきドライブなら「東関東自動車道」がおすすめです。

今年のゴールデン・ウィークは、大型連休を取られている方もいるでしょう。
何せ、最大10連休ですからね。ベタッと旅行に出かけたり、実家に帰ったり
している方はともかく、遠出する予定のない方は、何となく1日空いたりして、
どう過ごそうかと悩んだりしていませんか?今さら渋滞にはまるのもイヤだし、
これといって行きたいところもないし…。

他エリアの方には申し訳ありませんが、今回は東京にお住いの方向けの、
ぽっかり空いたお休みの過ごし方提案です。ズバリおすすめは「東関東自動車道」
行先は、銚子か鹿島。めざすアイテムは「銚子の寿司屋」「カシマスタジアム」
おすすめグルメは、銚子の伊達巻とカシマスタジアム名物、もつ煮です!

そもそもなぜ東関道なのかといえば、連休中でも渋滞に巻き込まれる可能性が
少ない「穴場高速」だからです。朝、思いつきで家を出ても、スイスイ目的地に
辿りつけます。東京・箱崎から成田までで50分くらい、鹿島の手前にある
潮来ICまで1時間強
。ETC料金で2000円もかかりません。
銚子でも、2時間もあれば余裕で着いてしまうのではないでしょうか。

銚子はいろいろ愉しみが多い街で、ヤマサの醤油工場、犬吠埼、市場メシなど
目移りしそうですが、私のいちばんのおすすめはお寿司。それも、伊達巻。
まずはこのお店を見てください。断然イチ押しです!
大久保(食べログ)

どうですか。おいしそうでしょう!銚子の魚は、ハズレがありません。
地魚やマグロの握りとともに、銚子名物の伊達巻を試してみてください。
これは絶品です。「大久保」以外にもいいお寿司屋はありますので、
いろいろ探してみるのも愉しいです。こんなサイトもありますので、
グルメサイトと併せて活用してみてはいかがでしょうか。
銚子すし商組合

そして、鹿島。カシマスタジアムの「スタメシ」は圧巻です!
サッカー観戦も悪くない、という方は、友人やご家族と一緒に
訪ねていただければと思います。当日は、試合開始2時間前には
スタジアム内に入っておきましょう。1F・2Fの出店をひととおり
見るだけで、あっという間に1時間くらいは経ってしまいます。
実際のお店を見ていただくのが早いかもしれませんね。こちらです。
カシマスタジアム スタジアムグルメ案内

どうですか。最高のB級グルメ(って、表現が変ですね)が、所狭しと
並んでいます。おすすめは「もつ煮」「豚串」「はまぐりのおにぎり」です。
あ、着いていきなり匂いに惹かれて、もつ煮の大500円を食べるのは
絶対に避けてくださいね。もつ煮だけでも10数件はおいしいお店があり、
他にもいろいろ食べたくなるので、まずはぐるりと店を見て回って、
よさそうなところでもつ煮の小300円をゆるりといくのがいいと思います。
ここに行くと、味は普通なのにとにかく高い東京ドームが悲しくなります。

銚子も鹿島も、お子さんがいるご家庭でも安心して出かけられます。
ゴールデンウィークの空いた1日や、予定の決まっていない週末に、
足を運んでみてください。東京では考えられない値段で、おいしいものに
出会えること間違いなしです!

関連記事
<スポンサーリンク>


下記リンクから、関連するさまざまなブログをチェックできます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: 名物 家族でお出かけ 夫婦 子どもと遊ぶ
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す