ポチッと押してね!

「見たよ!」「読んだよ!」のしるしにバナーをポチッと押してください。励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

スポンサーリンク

最新記事

FC2ブログランキング参加中!

こちらもポチッとお願いします!

カテゴリ

いいね!が多い記事

PR PART1

記事内で紹介したさまざまなサービスのPRです。
■ホテルでアフタヌーンティー

■ブランド品買い取りサービス

■名物お取り寄せ

ふわふわ和三盆バーガー
博多から直送、かねふく辛子明太子
⇒北海道の絶品チーズケーキ!
小樽洋菓子舗ルタオ

「服部幸應のお取り寄せ」
オリーブ燻製ハムや焼き豚のお取寄せ通販【オリーブの島のお肉屋さん】
本場静岡「旨み濃厚深蒸し茶」
さぬきうどんの亀城庵

タグで検索!

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

40's.ave

Author:40's.ave
ただいま40代ど真ん中。いろいろな方々と情報交換して、日々楽しく充実した生活を送りたいです。「とれまが人気ブログランキング」など、いくつかのブログランキング参加中です。よろしければ応援してください!

最新コメント

最新トラックバック

提携サービス

RSS

ちょっとかじった素人が語る「歌舞伎の見方・愉しみ方」

いよいよ来週より、歌舞伎座あらため「GINZA KABUKIZA」がオープンし、
「杮葺落四月大歌舞伎」が始まります。そこで、ちょっとかじった素人
(私のことです)より、素人目線の「歌舞伎の見方」を紹介いたします。

歌舞伎の見方については、有識者の方、長年のファンなどいろいろな方が
いろいろなことを語っていますが、大体の場合、その前提に「歌舞伎は
奥深いのですぐにはわからないぞ!」
という気分があるように感じます。
私は、そういった紹介を読むと、めげてしまうんですね。というのは、
「わかろうわかろうと必死に観るのはしんどいし、それを何年も続けるのは
つらいから、そのうち行きたくなくなっちゃうなあ」と感じるからです。
そこで、ここに書くことは「わかるか、わかんないかは先の話だから
どっちでもいい。楽しいと思えることが大事」
という出発点で始めたいと
思います。さっそくですが、見方のポイントは、以下の5点です。

1)最初は好きな役者さんや興味がある演目を「幕見」で見るくらいでもいい
 (当日券で、演目のなかの一幕だけを見ること。要は「お試し」です)
2)通しで観るなら、2~3時間全体を愉しむような感じで。演目だけじゃなく
 会場全体の雰囲気や、ショップやレストランも併せて体感しましょう。
3)好きな役者さんが出る演目が入っていると、わからなくてもその方を
 観ているだけで、発見があって気持ちいいです。
4)イヤホンガイドは借りましょう。筋書きは記念の意味も込めて買いましょう。
 これらがあると、意味がわからない舞踊などの時に、ぼんやりしたり
 うたた寝してしまったりせずに、楽しくおベンキョーしたり、話の筋を
 追いながら観たりできます。
5)無理をしない。ガマンしない。眠くなったら少しぐらいウトウトしてもOK。
 リラックスして、愉しめるところだけ愉しみましょう。


私は、最初に観たのが渋谷のシアター・コクーンで開催された「コクーン歌舞伎」
でした。エンディングテーマに椎名林檎さんの曲を使うなど、斬新な演出で、
ここから中村勘三郎さんが好きになり、いろいろ観るうちに女形の中村福助さんの
キレイな所作と演技を楽しみにするようになり…と少しずつ広がっていきました。

ぶっちゃけた言い方をすれば、最初は眠くなる演目もあると思います。
それでも観ているうちに、好きな役者ができたり、踊りの際の身体がスゴイな、
と見とれたり、世話物の滑稽なシーンに笑ったりと、自分の楽しみ方が
できてくるので、とにかく焦らず、ゆったりした気持ちでその場にいれば
いいのではないでしょうか。

せっかくだから、お食事やお菓子を楽しむというのもいいと思います。
なんて書いてたら、鯖寿司が食べたくなってきました。歌舞伎は、席でご飯を
食べてもいいんですよね。そのあたりの、大衆芸能っぽい懐の深さも大好きです。

おもしろい歌舞伎、観たらぜひ教えてくださいね!



関連記事
<スポンサーリンク>


下記リンクから、関連するさまざまなブログをチェックできます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: ものづくり・表現 観劇
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す