ポチッと押してね!

「見たよ!」「読んだよ!」のしるしにバナーをポチッと押してください。励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

スポンサーリンク

最新記事

FC2ブログランキング参加中!

こちらもポチッとお願いします!

カテゴリ

いいね!が多い記事

PR PART1

記事内で紹介したさまざまなサービスのPRです。
■ホテルでアフタヌーンティー

■ブランド品買い取りサービス

■名物お取り寄せ

ふわふわ和三盆バーガー
博多から直送、かねふく辛子明太子
⇒北海道の絶品チーズケーキ!
小樽洋菓子舗ルタオ

「服部幸應のお取り寄せ」
オリーブ燻製ハムや焼き豚のお取寄せ通販【オリーブの島のお肉屋さん】
本場静岡「旨み濃厚深蒸し茶」
さぬきうどんの亀城庵

タグで検索!

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

40's.ave

Author:40's.ave
ただいま40代ど真ん中。いろいろな方々と情報交換して、日々楽しく充実した生活を送りたいです。「とれまが人気ブログランキング」など、いくつかのブログランキング参加中です。よろしければ応援してください!

最新コメント

最新トラックバック

提携サービス

RSS

「欧米人と同じように話せるようになる」ための、 実践的な発音トレーニング~その2

(「欧米人と同じように話せるようになる」ための、
実践的な発音トレーニング~その1
 の続きです)
何しろ「欧米人と同じように」ですので、
先生の話は多岐に渡ります。今回のレッスンは子音編。
教材は、中学・高校の頃はちゃんと見ていなかった発音記号。
まずは、子音にはどんな種類があるのかを、
実際に声を出しながら学びます。

教え方が、またユニーク。「息を上あごに当てる」
「アヒル口をすぼめて」「次の母音の口の形をしながら」
「口に入れたチクワの穴をつぶすように」。

これはわかりやすい。やってみると、先生と同じ音が出ます。

ひとつひとつの音をトレーニングしながら、
合間におもしろい話がどんどん出てきます。
「欧米人は、最初の音を聴いた瞬間に次にくる言葉を
イメージしているので、発音が違うと混乱する」
「彼らは口の中の奥行きや呼吸の量が日本人とは違うので、
口を大きく使って、しっかり息を吐いて話すように」。
海外で暮らす日本人は、英語で話しているうちに
口角が上がり、表情が豊かになる方が多いそうです。
「日本人は無表情で、何を考えているかわからない」と
欧米の人は思っているという話をよく聞きますが、
顔の使い方を意識しながら発音していると納得です。

すべての子音の発音が終わると、例文を使って
似ている音の使い分けや、難しい音のチェック。
会話のなかで正しい発音を抑えていくのは難しいですね。
教わったことを、家で繰り返し復習して、
当たり前に発音できるようにしたいとやる気になりました。
「毎日お風呂で10分」ぐらいからがいいかもしれません。
少しずつでも日々意識すれば、
ずいぶん身につくのではないでしょうか。

「ネイティブの話す英語に触れられる」という
外国人の先生に教わる英会話のよさもあるものの、
日本人ができない理由を指摘してくれるのは
同じ日本人の先生だと実感しました。
また、発音の仕方をきちんと教えてくれるスクールは、
それほど多くありません。
発音がよくなれば、聞き取れるようにもなります。
コミュニケーションで大切なのは、はっきり発音すること。
外国人になりきって、口をしっかり動かして
話すようにしてください。英語は日本語に比べると、
力強くてポジティブな表現が多いので、上達すると、
さまざまな新しい自分に会えるのではないでしょうか」
と瀬谷先生。欧米の文化や考え方に触れながら、
教えてもらえるのもいいですね。

ときどき話が盛り上がって、多少脱線するのも、
「大人のための教室」ならでは
実際に使える発音を身につけたい方、
自分の英語をチェックしたい方は、
ぜひ一度、足を運んでみてください。

【レッスン情報】
★2015年2月28日(土)11:30~13:00
「大人のための発音トレーニング~母音編」
★2015年3月28日(土)(時刻未定)
※4歳~中学生向けの教室も開講しています。

■ご興味のある方は、Facebookページをご覧ください。
【The Bee’s Knees English School】公式Facebookページ
関連記事
<スポンサーリンク>


下記リンクから、関連するさまざまなブログをチェックできます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: 趣味 教養 教育
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す