ポチッと押してね!

「見たよ!」「読んだよ!」のしるしにバナーをポチッと押してください。励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

スポンサーリンク

最新記事

FC2ブログランキング参加中!

こちらもポチッとお願いします!

カテゴリ

いいね!が多い記事

PR PART1

記事内で紹介したさまざまなサービスのPRです。
■ホテルでアフタヌーンティー

■ブランド品買い取りサービス

■名物お取り寄せ

ふわふわ和三盆バーガー
博多から直送、かねふく辛子明太子
⇒北海道の絶品チーズケーキ!
小樽洋菓子舗ルタオ

「服部幸應のお取り寄せ」
オリーブ燻製ハムや焼き豚のお取寄せ通販【オリーブの島のお肉屋さん】
本場静岡「旨み濃厚深蒸し茶」
さぬきうどんの亀城庵

タグで検索!

検索フォーム

月別アーカイブ

プロフィール

40's.ave

Author:40's.ave
ただいま40代ど真ん中。いろいろな方々と情報交換して、日々楽しく充実した生活を送りたいです。「とれまが人気ブログランキング」など、いくつかのブログランキング参加中です。よろしければ応援してください!

最新コメント

最新トラックバック

提携サービス

RSS

見せ場が多い「二月花形歌舞伎」。市川染五郎さん、中村七之助さんらの熱演に注目!

坂東三津五郎さん、中村福助さんと、好きな役者さんの病気が続き、
日々、ニュースやホームページをチェックしてしまいます。
勘三郎さんが亡くなった後、何かと歌舞伎界は大変ですが、
三津五郎さんと福助さんには、とにかくしっかり休んでいただいて、
無理して早く戻られるのではなく、ちゃんと元気な姿を見せてもらえればと
願うばかりです。

さて、2月は、歌舞伎座の「歌舞伎座新開場柿葺落 二月花形歌舞伎」
に注目です。今回は、昼・夜とも、素晴らしい演目がそろい踏み。
昼の部の「通し狂言 心謎解色糸(こころのなぞとけたいろいと)」は、
何と41年ぶりの上演だそうです。初演が1810年となる四世鶴屋南北の作品。
江戸の町を舞台に、3組の男女の恋愛話に、赤城家家宝「小倉の色紙」の盗難、
紛失話が絡む、世話物らしいテンポのいいストーリーです。

見どころは、市川染五郎さんと中村七之助さんが、それぞれ二役を演じ、
舞台狭しと熱演を見せてくれるところでしょう。染五郎さんは色男と悪人、
七之助さんはお嬢と悪女を演じます。

そして夜の部は「通し狂言 青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)」。
こちらは河竹黙阿弥の代表作で、「白波五人男」を描いた華やかな舞台です。
「浜松屋」「稲瀬川勢揃」、そして大詰と、所作と台詞、舞台装置で魅せる
名場面が多い
ことで知られています。

注目は、尾上菊之助さんが演じる「弁天小僧菊之助」と、
市川染五郎さんの「日本駄右衛門」。いずれも悪人役で、
それぞれ「ここ!」という見せ場がありますが、
振り袖姿の美しい娘に扮して金を奪おうとした菊之助が、
正体を見破られて啖呵を切る「浜松屋」の場面は、
美しさと格好よさに思わず息をのむこと間違いなしです。

なかなか見ることができない演目に、全員揃うことは珍しい役者ばかりが
一堂に介する貴重な機会です。
通し狂言は、初めての方でもとっつきやすい舞台が多いので、
この機会にぜひ、観てみてください。
初めてで「どちらかひとつ」なら、白波五人男ではないでしょうか。
もちろん「心謎解色糸」を観たことはないのですが、
河竹黙阿弥には歌舞伎ならではのエッセンスがギュッと詰まっており、
数々の見せ場にテンションが上がること間違いなしです。
「二月花形歌舞伎」の詳細は、公式サイトでご確認ください。
歌舞伎公式総合サイト 歌舞伎美人(かぶきびと)
関連記事
<スポンサーリンク>


下記リンクから、関連するさまざまなブログをチェックできます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
このエントリーのタグ: ものづくり・表現 観劇
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す